• home
  • 日本
  • 2014年巾着田曼珠沙華公園~埼玉県日高市大字高麗本郷

2014年巾着田曼珠沙華公園~埼玉県日高市大字高麗本郷

Ivy 3424 hits
巾着田曼珠沙華公園は、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)が一面に咲いて壮観です。2014/09/20の様子です。

曼珠沙華のチップス

1.曼珠沙華は毒を持っているので食べられないが、毒抜き処理をすれば食べられる。
鱗茎はデンプンに富む。有毒成分であるリコリンは水溶性で、長時間水に曝せば無害化が可能であるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされたこともある
全草有毒で、特に鱗茎にアルカロイド(リコリン、ガランタミン、セキサニン、ホモリコリンなど)を多く含む有毒植物。経口摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもある。鱗茎はデンプンに富む。有毒成分であるリコリンは水溶性で、長時間水に曝せば無害化が可能であるため、救飢植物として第二次世界大戦中などの戦時や非常時において食用とされたこともある

2.田やはたけの周囲に植えることで動物除けになる。エサのミミズがヒガンバナを嫌って土中に住まないためにこの草の近くにはモグラが来ないともいう。

3.森に彼岸花がある場合は昔そこが人里だった。

4.葉が茂っている時期は花が咲かず、花の茎が出始めるころには葉は枯れてもう無い。

5.花言葉は、「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」

6.日本の曼珠沙華の名所でも、最大規模。
1)埼玉県日高市にある巾着田 500万本
2)神奈川県伊勢原市にある日向薬師付近 100万本
3)愛知県半田市の矢勝川の堤防 100万本 近くに新美南吉『ごんぎつね』の舞台
4)岐阜県海津市の津屋川の土手 10万本
5)広島県三次市吉舎町辻の馬洗川沿い
6)長崎県大村市の鉢巻山展望台 100万本

7.中国から帰化したものと考えられる。その経緯については、稲作の伝来時に土と共に鱗茎が混入してきて広まったか、土に穴を掘る小動物を避けるために有毒な鱗茎をあえて持ち込み、畦や土手に植えたとも考えられる。

8.日本に存在するヒガンバナは全て遺伝的に同一。

9.園芸品種には赤のほか白、黄色の花弁をもつものがある。

10.毒成分の一つであるガランタミンはアルツハイマー病の治療薬として利用されている。

2014年は、曼珠沙華の開花は早く、9月20日現在、満開で、この1週間が盛りになる様子です。







ひだか巾着田曼珠沙華まつり
http://www.hidakashikankou.gr.jp/manjushage/

日高市巾着田公式サイト
http://www.kinchakuda.com

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%BE%E7%9D%80%E7%94%B0

NHKみちしる 「高麗の里 彼岸花」
http://cgi2.nhk.or.jp/michi/cgi/detail.cgi?dasID=D0004080062_00000

西武池袋線高麗駅下車徒歩15分

撮影: 2014/09/20

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A


埼玉県 日高市 大字高麗本郷125-2

  方向が必要ですか? あなたの住所を入力してください:

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。