• home
  • チリ
  • 南米・チリ・パタゴニア 大自然とベリー狩りツアーのすすめ

南米・チリ・パタゴニア 大自然とベリー狩りツアーのすすめ

Ivy 8821 hits
南米・チリ・パタゴニアの天然のミズゴケ(水苔)の平原をベリー狩りしながら満喫するオリジナルツアーを体験してきました。
南米・チリ・パタゴニアへは、エアカナダを利用して羽田・成田からトロント国際空港、サンチアゴ国際空港、プエルトモント空港を経由してプンタ・アレナス空港へ。サンチアゴ・日本往復チケットはエアカナダホームページから!
プエルト・モント空港からプンタ・アレナス空港への空路では、など氷河の景色を楽しめます。
プンタアレナス空港から高速バスに乗車して、トーレス・デル・パイネ国立公園、氷河、そして今回おすすめするオリジナルツアー、ミズゴケ湿原などパタゴニア観光の中心地、プエルトナタレス(ナタレス)へ。プエルトは、港の意味です。
パタゴニアは風が強く、このナタレスでもこのように木が・・・
ナタレスでのウェルカムディナー。氷河で圧縮されてとてつもなく重い石の上にパタゴニアの料理が並びます。
ナタレスから車で数十分、南米・チリ・パタゴニアの天然のミズゴケが広大な土地で生育しています。
ミズゴケの湿原に、赤や紺色の実もなっているので、それらを採りながら食べ歩いてパタゴニアを満喫!
乗馬も。
氷河ツアー!氷河の氷でロックも!
洞窟観光!そのむかしは恐竜が、そしてそのあとは人間が。
パイネ!花崗岩の岩肌が垂直に切り立ち、うつくしい湖に映えます。鹿にも似たワナコやコンドル、アルマジロなども。
冬を越せずほぼ全滅したかなしい記憶。ブルネス砦 Bulnes Fort
マゼラン海峡、州都プンタ・アレナス!マゼランの乗った船。マゼラン海峡に沈んだ船の残骸。マゼラン海峡に浮かぶ月。アレナスの街の風景。おしゃれなゴミ箱。
マゼラン海峡、州都プンタ・アレナスもエネルギーは安いガス。
年間を通じ風が強く最大時速130kmに達する。
パタゴニアの広大な土地に放牧された羊と最大級に汚染されていない自然。ベリーもあちこちに。パタゴニアの牛、羊、魚介、野菜、くだもの・・・おいしい理由はここにある。
マゼラン海峡に浮かぶ月
アレナス、ナタレス、パイネ、飢餓の港。
日本と真裏のチリ、そして地球で最高級に汚染されていない大自然でベリーを摘みながら歩くミズゴケの湿原ツアーは、まだ商品化されていません。 商品化してみたい、体験してみたい方は、お問い合わせください。
  • 南米・チリ・パタゴニア 大自然とベリー狩りツアーのすすめ
  • 0 コメント
  • アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。