• home
  • 子育て
  • あかちゃんにひらがなをおぼえてもらう方法

あかちゃんにひらがなをおぼえてもらう方法

Ivy 2473 hits
親があかちゃんのころから知識欲を満たすように接するのは大変重要なことです。ただし、強制性があったら逆効果。あそぶように教えることが重要です。独創性がもっとも大事。親が手造り教材で親自身が遊びながら教材をつくり、いっしょにあそぶ。その感覚が大事です。これにより、学ぶ力をこどもに持たせることができます。
あかちゃんには、おぼえやすいひらがなから覚えてもらいましょう。こどもはたとえ1歳でも知識欲が旺盛なものです。
強制ではなくたのしみながら歌うようにもじカードを見せておぼえさせましょう。あくまであそびの延長で。

文字カードは、あつがみに目につきやすい赤い文字で書いてつくります。できれば市販のものではなく、てづくりで。

文字カードをつかっていろいろなおはなしをするのも。昔話やこども絵本を読み聞かせるだけでなく、創作おとぎばなしなど、てづくりの読み聞かせをおすすめします。

すこし覚え始めると、日常生活でみつけた文字を読もうとします。そうして知識欲が満たされ、さらに覚えようと努めるようになります。

だれから言われてではなく、自分でしらべる意欲がうまれ、その習慣が身に付きます。

知識欲、調べる習慣は、人間が生きていくうえでもっとも重要なちからとなるはずです。

ひらがな のページへ(下のコンテンツを1ページ全体で表示できます。)

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。