Geeklog Documentation

トップページ 管理画面

DataBox プラグイン

自動タグ(2016/08/19 update)

自動タグ 引数 説明
[databox:count ]

category_id: category_code:
mode:
permission:ignore アクセス権のないデータもカウントします。省略時はカウントしません。
numberformat:yes 千単位に区切ります(カンマ編集)。省略時は区切りません。
データ件数
例1:[databox:count]
例2:[databox:count category_id:1]
例3:[databox:count category_code:AAA]
例4:[databox:count category_code:AAA|BBB] カテゴリコードがAAA またはBBB
例5:[databox:count category_code:AAA|BBB|CCC] カテゴリコードがAAA または BBB または CCC
例6:[databox:count category_code:AAA|BBB mode:and] カテゴリコードがAAA かつ BBB
例7:[databox:count permission:ignore]
[databox:newlist ]

rss_file:
title_trim_length:
intervalday:
limitcnt:
newmarkday:
templatedir:*1
category_id: category_code:
permission:ignore アクセス権のないデータも表示します。ただしリンクはしません。コンフィギュレーション設定の新着データのpermission ignore を無効にする(disable_permission_ignore)が「はい」の場合は無効です。
新着データ
例1:[databox:newlist]
例2:[databox:newlist rss_file:databox.rss title_trim_length:50 intervalday:70 limitcnt:40 newmarkday:30 templatedir:XXX category_id:99 category_code:XXX permission:ignore]
[databox:data ]

id:
templatedir:*1
nohitmsg:
データ
例1:[databox:data]
例2:[databox:data id:1 templatedir:XXX nohitmsg:yes]
[databox:category ]

category_id:
templatedir:*1
nohitmsg:
perpage:
page:
order:
expired:
without_code: 表示から除くデータidを指定する
without_id: 表示から除くデータcodeを指定する
カテゴリ別一覧
例1:[databox:category]
例2:[databox:category category_id:1 templatedir:XXX nohitmsg:yes perpage:10 page:1 order:id expired:no]
例3:[databox:category category_code:AAA ]
例4:[databox:category category_code:AAA|BBB] カテゴリコードがAAA または BBB
例5:[databox:category category_code:AAA|BBB|CCC] カテゴリコードがAAA または BBB または CCC
例5:[databox:category category_code:AAA|BBB mode:and] カテゴリコードがAAA かつ BBB
例6:[databox:category category_code:AAA expired:yes]
order に指定できるのは、 random date orderno code title description id と 表示制限されていない追加項目のテーマ変数 です。(デフォルト:date)
date と released は逆順です。

perpage:(Number) 1ページあたりの表示件数。0のときは改ページなし(デフォルト:0)
expired:no 公開終了日を過ぎたデータは表示しません。(デフォルト)
expired:yes 公開終了日を過ぎたデータも表示します。
[databox:attributedatacount ]

templatesetvar:
value:
type_id:
permission:ignore アクセス権のないデータもカウントします。省略時はカウントしません。
numberformat:yes 千単位に区切ります(カンマ編集)。省略時は区切りません。
指定アトリビュートが指定値のデータの件数
例1:[databox:attributedatacount]
例2:[databox:attributedatacount templatesetvar:pref value:27]
例3:[databox:attributedatacount templatesetvar:pref value:27 type_id:0]
type_id:0 タイプなし 省略時すべてのタイプ
[databox:lastmodified ]

category_id: category_code:
最後(直近)に修正されたデータ
例1:[databox:lastmodified]
例2:[databox:lastmodified category_id:1]
例3:[databox:lastmodified category_code:XXX]
[databox:lastcreated ]

category_id: category_code:
最後(直近)に作成されたデータ
例1:[databox:lastcreated]
例2:[databox:lastcreated category_id:1]
例3:[databox:lastcreated category_code:XXX]
[databox:attribute ]

field_id: field_code:
value:
templatedir:*1
nohitmsg:
perpage:
page:
order:
アトリビュート別一覧
指定アトリビュートが指定値のデータ一覧
例1:[databox:attribute field_id:99 value:xx ]
例2:[databox:attribute field_id:99 value:xx templatedir:x nohitmsg:yes perpage:99 page:99 order:id]
例3:[databox:attribute field_code:pref value:27 templatedir:x nohitmsg:yes perpage:99 page:99 order:id]

perpage:(Number) 1ページあたりの表示件数。0のときは改ページなし(デフォルト:0)
[databox:datalink ]

id: code:
linktext*2
データ個別表示リンク
例1:[databox:datalink id:1 ]
例2:[databox:datalink code:data1]
例3:[databox:datalink code:data1 データ]
id とcode が共に指定されている場合はidを優先します
linktext が省略されている場合は、データのタイトルをlinktextとします。該当データがない場合は表示されません。
[databox:mydataentrylink ]
[databox:mydataentry ]

type_id
templatedir*1
linktext*2
マイデータ新規登録リンク
例1:[databox:mydataentrylink ]
例2:[databox:mydataentrylink linktext]
例3:[databox:mydataentrylink type_id:1]
例4:[databox:mydataentrylink type_id:1 新規登録]
例5:[databox:mydataentrylink type_id:1 templatedir:XXX linktext]
type_id linktext が省略されている場合は、マイデータの「新規登録」リンクを表示します。
type_id が省略されている場合は新規登録リンクを表示します
type_idを指定、linktext が省略されている場合は、タイプの名称をlinktextとします。 type_idを指定、該当タイプがない場合は表示されません。
マイデータ新規登録の権限がない場合は、表示されません
[databox:mydata templatedir ]

templatedir:*1
linktext*2
マイデータリンク
例1:[databox:mydata ]
例2:[databox:mydata マイデータリンク]
例3:[databox:mydata ]
例4:[databox:mydata マイデータリンク]
例5:[databox:mydata templatedir:XXX マイデータ]

マイデータ更新の権限がない場合は、表示されません
[databox:categorycount カテゴリグループid または カテゴリグループコード]
permission:ignore アクセス権のないデータもカウントします。省略時はカウントしません。
numberformat:yes 千単位に区切ります(カンマ編集)。省略時は区切りません。
指定カテゴリグループのカテゴリ件数
例1:[databox:categorycount ] 親グループなしカテゴリの件数
例2:[databox:categorycount group_id:3]
例3:[databox:categorycount group_code:pref]
アクセス権のあるデータが登録されていないカテゴリの件数は含みません
[databox:categorycheck カテゴリグループid チェックボックスの input name] 指定カテゴリグループのチェックボックス
例1:[databox:categorycheck group_id:3 iname:gor_1]
*3
[databox:mastercheck アトリビュートid チェックボックスの input name] 指定アトリビュートのマスターのチェックボックス
例1:[databox:mastercheck field_id:3 iname:gor_1]
*3
[databox:search 検索リスト引数] 検索リスト
例1:[databox:search templatedir=abc&fieldset=10&gor_3=6&gor_3=&gand_8=7&gand_8=&aeq_4=10000&ato_5=&afr_6=&ato_6=&aeq_75=&afr_75=&ato_75=&gor_1=&gand_2=&perpage=4&page=1&nohitmsg=yes]
*4
[databox:attributevalue アトリビュートテーマ変数またはアトリビュートid データidまたはcode option] 指定アトリビュートの表示用値等を返す
例1:[databox:attributevalue field_code:pref code:xxx ]
例2:[databox:attributevalue field_code:pref code:xxx option:value2]
例3:[databox:attributevalue field_id:1 id:2 option:value2]
optionなしは、{登録したテーマ変数名} と同等の内容です。
option:name 名称
option:description 説明
option:yes {登録したテーマ変数名_yes}と同じ
option:value2 {登録したテーマ変数名_mst_value2}と同じ
option:disp {登録したテーマ変数名_mst_disp}と同じ
option:no {登録したテーマ変数名_mst_no} と同じ
option:datatitle 指定アトリビュートの値をCODEとして引当てたデータのタイトル
option:datadescription 指定アトリビュートの値をCODEとして引当てたデータの説明
各アトリビュートのテーマ変数参照
[databox:math ]

method:
templatesetvar:
type_id:
category_id: または category_code:
mode:
roundprecision:
numberformat:yes 千単位に区切ります(カンマ編集)。省略時は区切りません。数値の場合のみ有効
permission:ignore アクセス権のないデータもカウントします。省略時はカウントしません。
指定アトリビュートのMAX MIN SUM COUNT AVERAGE
例1:[databox:math templatesetvar:number]
例2:[databox:math method:min templatesetvar:number ]
例3:[databox:math method:min templatesetvar:number type_id:0]
例4:[databox:math method:min templatesetvar:number type_id:0 category_code:AAA|BBB|CCC] カテゴリコードがAAA または BBB または CCC
例5:[databox:math templatesetvar:number type_id:0 category_code:AAA|BBB|CCC mode:and] カテゴリコードがAAA かつ BBB かつCCC
method:count max min sum average avg 省略時count
type_id:0 タイプなし 省略時すべてのタイプ
roundprecision 丸める桁数 数値の場合のみ有効
0の場合 3.4 → 3
0の場合 3.5 → 4
0の場合 3.6 → 4
2の場合 1.95583 → 1.96
2の場合 5.045 → 5.05
2の場合 5.055 → 5.06
-3の場合 1241757 → 1242000
丸めの結果はPHPのバージョンに依存します
指定アトリビュートのタイプが数値または通貨、またはnumberformat:yesが指定された場合は、数値比較になります

ブロック用関数

関数名 説明
phpblock_shownewdatabox  

*1 テンプレートディレクトリ
ココで指定されていない場合は、下記の順に使用されます(一覧画面以外)
タイプに登録されているテンプレートディレクトリ
データに登録されているテンプレートディレクトリ
default

*2 linktext は、必ず最後に記述してください。半角スペースを含む内容も記述可能です。引数名は不要です

*3 使用例:BONUS/search/staticpage_search_sample.txt
2015/01/14 引数fname をiname に変更しました。

*4 検索リスト引数 []は省いてください。

自動タグ引数変更履歴