生ごみ処理機を比較

Ivy 995 hits
家庭用生ごみ処理機は、ごみ容量の圧縮の他、夏場のにおい対策になるだけでなく、肥料として活用できるなどの利点があります。

マンションなどで、室内で活用。堆肥(コンポスト)として活用しないのであれば乾燥式が室内でも使えてお手軽ですが、乾燥式は若干電気料金が気になるのと、臭いとともに動作音が気になります。堆肥としても活用したい場合には、省エネモードが用意されていて臭いも少なく動作音が静かなバイオ式がおすすめです。

バイオ式の場合は、バイオ材を補充する従来型に加え、処理を行っても菌が死なず、補充が不要なアシドロ菌を活用した処理機が開発されました。業務用でも広く使われ始めています。


用途、価格を元に、代表的な機種を3種類ピックアップして生ごみ処理機を比較してみました。

生ごみ処理機を比較

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。