• home
  • チリ
  • チリの羊がなぜおいしいのか

チリの羊がなぜおいしいのか

Ivy 1777 hits
チリ、パタゴニアでは食用の羊が多く放牧されており、たいへんおいしいのが特徴です。チリでは生後およそ12か月以下の子羊の肉であるラムを食べるのに対して、日本ではそれよりも年をとった羊の肉マトンを食べるため、まったく異なるイメージになったものと思われます。

チリ、パタゴニアには、チリ北部の砂漠地帯と異なり、大変ひろい草原が広がっています。
その草原では、羊、牛など様々放牧されており、それぞれ大変おいしいのに驚きます。

日本では羊というとマトン=くさい と思われがちですが、食用の羊を1歳未満で出荷するラムは、臭みがなく非常においしいのです。

Wikipedia 羊肉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8A%E8%82%89

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。